2006年12月17日 (日曜日)

聖の青春

わずか29歳で夭逝した、将棋棋士、村山聖(さとし)九段。
この本は、彼の生涯のドキュメンタリーです。
将棋という厳しい勝負の世界で、自分の体を蝕む病魔と戦いながら、彼は、精一杯生き抜きました。
病気から、彼は一歩も逃げませんでした。
名人の夢は、もう少しで手の届くところまで手繰り寄せました。
亡くなる前に、彼が見せたパフォーマンスは、形容する言葉が見つかりません。
将棋をご存じなくても、読める本です。
一人でも多くの方に、彼の生き様を見ていただきたくて、このレビューを書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月曜日)

いろんな本

友達に薦められて、「子育てハッピーアドバイス」(明橋大二著、1万年堂出版)という本を買ってみました。

私が、ごく近い将来に、子育てをするから、ってわけではありません。

続きを読む "いろんな本"

| | コメント (1) | トラックバック (0)