« 京セラドーム大阪でも敗戦 | トップページ | くやしい »

2008年5月 7日 (水曜日)

まさかの3タテ

この日も、仕事帰りに、京セラドーム大阪へ駆けつけます。

6回表。

ヤングから今江が2ランを放ち、6-1とリード。

楽勝、楽勝。

もう左うちわでした。

6回裏、ローズの2ベースから、犠牲フライで6-2。

このときは、まあ、1点くらいと思っていたのですが、

結果的にこの1点がボディーブローのように効いてきます。

7回裏、連続2ベースで、俊介ノックアウト。6-3。

もう少し頑張ってほしかった、と思っていましたが、

今日は、あまりよくなかったようです。(4回表より観戦)

坂口、村松と続くところで、ピッチャー根本。

うわ、このカードノッている、下山も浜ちゃんもいるやんと思っていたら、坂口はそのまま打席へ。

いとも、あっさりバントを決められる。

3点ビハインドの無死二塁で、送られるのだから、マリーンズもなめられたものだが、それにしても、簡単に決められすぎ。

伊藤に替わって、フォアボールの後、カブレラに内野安打(><)6-4。あの足の遅いカブレラの内野安打だから、単なるアンラッキーではないと思います。

川崎に替わるも、ローズにあっさりフォアボール。びびり過ぎの感。

満塁となり、併殺崩れの間に1点追加される。セカンド正面のゴロだったが、1塁ランナーローズは、きっちり走りを止めていた。走って、タッチされていたら、ゲッツーだっただろうし、さすがローズ、そつがない。

6-5。

8回表、引き続き菊池原が投げている場面で、根元には代打オーティズも、神戸はそのまま打席へ。なぜ?神戸の左投手に対する巧拙は知らないが、1点差で、あれだけ右左にこだわるボビーが、なぜそのまま神戸かわからない。ベニーもいたのに。

8回裏、後で気づいたことだが、イニングはじめから、レフト大松が大塚に交代。結果論で話しているけど、1点差だし、もう吉野も出ていて、オリックスには左がいないのだし、ランナーが出てからならまだしも、どうして?

この回、荻野に替わるも、このカード、ノッている下山にタイムリーが出て、同点。

9回表、オリックスは、加藤大輔で勝負を賭けてくる。

そのまま延長戦へ。今日は8時台に帰れると思っていたのに…

10回表、フォアボールで出た福浦。橋本は送るかなと思っていたら、強攻策で、無死一塁三塁と、絶好のチャンス。

結果論、ここで大松だったら…

大塚、代打堀、オーティズと、三人連続空振り三振。(><)

10回裏、3イニング目の荻野。

濱中にツーベースを食らう。

日高敬遠のあと、大引は、送る構え。無死一塁二塁。

ここが、今日のポイントだと思う。

荻野が二塁に牽制球を投げるも、後ろにそれる…

マリーンズは、一球ごとに、例のバントシフトを敷いていた。

牽制球を投げる瞬間も、今江は一歩目を踏み出していた。オーティズも一歩目を踏み出していたはず。牽制球自体は悪送球には見えなかったが、あの一歩目を踏み出したあとだと、セカンドオーティズも、送球をとりにくいはず。あのバントシフトだと、二塁牽制は、より慎重にしなければいけないと思う。ひちょりに破られたのに続き、このバントシフトの課題が。

無死一塁三塁となり、大引の打球は、きれいにピッチャーの足元を抜けていきました…

これで、5連勝のあと、1勝9敗。唐川で勝った1勝のみです。

もともと連敗癖のあるチームですが、なんとか立て直してほしいです。

借金4。最下位オリックスと2ゲーム差。

帰りの電車で、もう悔しいなんてものじゃありませんでした。

今も、ビール飲みながら書いています。

【お知らせ】5/5の神戸、5/6の大阪も観戦してきました。

観戦記は、今週中に書きます。

こちらは、いくつか写真があるので、気が向いたら見てやってください。

|

« 京セラドーム大阪でも敗戦 | トップページ | くやしい »

千葉ロッテマリーンズ」カテゴリの記事

観戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177119/41128946

この記事へのトラックバック一覧です: まさかの3タテ:

« 京セラドーム大阪でも敗戦 | トップページ | くやしい »