« 長かった大阪ドームBs-C戦 | トップページ | 甲子園のマリーンズ戦2 »

2007年5月27日 (日曜日)

甲子園のマリーンズ戦

今日は、甲子園でのマリーンズ戦に行ってきました。

今日は、快勝!!

開始早々、杉山を打ち込み、大差をつけました。

途中、阪神の中継ぎ陣を打ち崩せないも、9回、自滅気味の能見から5点を追加!

球が面白いように外野の頭を越えるし、盗塁も決まる、決まる。狩野に課題が。

ダービーの実況も、ケータイで見ました。牝馬のウオッカ、お見事!

ただ、福浦に2つのデッドボール。

その報復?金本アニキに、あまりに露骨な報復デッドボールで、乱闘寸前に。

フルイニングのアニキには、当ててほしくはなかった。

ブルペンから、最後にコミさんが、とぼとぼと出てきたのは、とてもおかしかったです。

昔の珍プレーで、川崎球場の、おじいさんのお医者さんを思い出しました。

危険球で警告試合となったが、パリーグは、危険球、即退場じゃなかったっけ。

パリーグ…危険球即退場

セリーグ…危険球警告試合

交流戦…本拠地のルール採用

で合ってますか?

このあたりのことは、(セリーグ、パリーグアグリーメント)は、どこかに載っていますか?

クレクレ君で悪いけど、どなたか教えてください。

甲子園の外野席は、相変わらず狭いけど、いい一日でした。

明日も行きます!

281

|

« 長かった大阪ドームBs-C戦 | トップページ | 甲子園のマリーンズ戦2 »

千葉ロッテマリーンズ」カテゴリの記事

コメント

交流戦では危険球はセリーグのアグリーメントに準ずるらしいです。
↓ソース
http://www.toonippo.co.jp/news_hyakka/hyakka2005/0506_1.html
自分も今回のニュースまでは、さくら26号さんと同じ認識でしたが。
そういえばパリーグ主催ゲームでも予告先発やらないですもんね。(DHはあるけど)

どちらかというとパがセに頼み込んで実現した色合いが強いという、交流戦の成り立ちに起因しているのでしょうか(苦笑)

投稿: ニートくん | 2007年5月29日 (火曜日) 23時43分

ニートくん、こんばんは!

貴重な情報をありがとうございました。そうでしたか、危険球は、セリーグルールでしたか。
でも、NPBのサイトにも、セパ両リーグのサイトにも、交流戦の規定とか、アグリーメントの記載がなさそうですね。けっこう、この手の情報を欲しているルールマニアっていると思うのですが。
話がそれますが、JRAのサイトには、競馬法施行規則まで載っています。お金がかかっているスポーツだから、違うのでしょうか。

投稿: さくら26号 | 2007年5月30日 (水曜日) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177119/15228035

この記事へのトラックバック一覧です: 甲子園のマリーンズ戦:

« 長かった大阪ドームBs-C戦 | トップページ | 甲子園のマリーンズ戦2 »