« 信三郎帆布と一澤帆布 | トップページ | 岡崎倫典 »

2006年11月25日 (土曜日)

同窓会

土曜日は、大学の同窓会。

同窓会といっても、研究室のではない。

曽根Gの同窓会。

独特の制度で、なかなかわかっていただけないのだが、出身大学では、「G制度」なるものがあった。当時あった、2年まで、どこの学部の人もそこで勉強する「教養学部」の先生と、学生との接点がなかなかないので、Gなるものを作って、好きな先生のところに集まろうというもの。だから、いろんな学部の人がいる。工学部出身の私には、とても貴重な機会だった。

曽根ひろみ先生は、日本史の教授。(公人だと思うので、名前を出させていただく)女性論も、先生の研究分野なので、レジュメを作って、勉強会もした覚えがあるが、それよりも、用もなく先生の研究室を訪ねては、だべっていた覚えのほうが大きい。ほんとうに、迷惑ばかりかけてます>先生。

史跡めぐりもかねて、あちこちGで旅行もした。本居宣長の松阪が、印象に残っている。

そんな、曽根先生と、同級生と、1年ぶりの再会。

ほんとは、朝は、神戸スカイマークスタジアムに、オリックスのファン感謝デーに行きたかったんです。神戸は、大好きな球場だし。たぶん、オリックスが神戸でファン感をするのも、今年で最後だろうし。球団合併で、近鉄消滅が大きく取りざたされるのは当然だが、神戸のオリックスも、大阪に行ってしまおうとしているんです。

神戸の球場と、先生の研究室と、三宮での飲みとの3部構成と、勝手に楽しみに。ただ、連休3日目で、大きく生活リズムを崩した私は、朝起きられず、結局球場には行かなかった。

先生の研究室に集合ということになっていたので、ひさしぶりに大学に向かうも、やっぱり、建物はまったくといっていいほど記憶にない。立体ダンジョンは、とても苦手なので、たどりつくのに苦労した。

そんなに広くない先生の研究室に、10人ほどが。先生は、思ったよりもお元気そうで、安心した。久しぶりに会うメンバーもいた(商売敵!)彼は、それなりの地位についていて、おおむね太った男性陣の中で、昔と変わらずスマート。これからも、お互い商売がんばりましょう。

今の学生の写真を見て、「私達の頃とは、服装が違うね~」の声が。

飲み会場の三宮へ。「和久良」という店。結論から言うが、なかなかおいしくて、リーズナブルで、雰囲気もよく、店員さんの応対もよく、とてもいい店!幹事さん(おっと、私もはじめは幹事だった)、ナイス!三宮で、飲み会をされるときは、ぜひご利用を。

メンバーは、女性7、男性4の11名。男は、東京にいる人も多いので、こんなもの。これくらいの人数も、みんなと話せていいかも。事実、少しだけでも全員と話できたし。店到着は遅れたが、先生の近くに座れたのは、ラッキーだった。

男で、未婚なのは、この日来てない面子も入れて、とうとう私だけに。いっときほど、ケコーン願望が強いわけではないけど、こういう、外圧的(世間体ともいう)なものには、とても弱い。思わず、「僕だけか」とつぶやいた私に、「そんなの、勝ち負けの問題じゃないわよ」って言ってくださった方、ほんとうにありがとう。まだ、その言葉の意味、本当にはわからないけど、救われましたよ。

話が弾んで、あっという間に時間は過ぎる。藤井先生の退官記念パーティーのときにも書いたかもしれないけど、会社の人間とは、どうしても仕事上での上下関係とか気になって、なかなか腹を割って話すことはできないのだが(少なくとも私は)、こういう、直接の利害関係のない、ほんとうにお互いを思いやれる関係って、とっても貴重だと思う。

これからも、みなさん、ほんとうによろしくね。

次は、私、幹事がんばります!

|

« 信三郎帆布と一澤帆布 | トップページ | 岡崎倫典 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177119/12850222

この記事へのトラックバック一覧です: 同窓会:

« 信三郎帆布と一澤帆布 | トップページ | 岡崎倫典 »