« OWL その後 | トップページ | 男前豆腐店御中 »

2006年9月10日 (日曜日)

連覇の夢、断たれる

15時43分。斉藤和巳のストレートに、ベニーのバットが空を切る。

2-0で福岡ソフトバンクホークスの勝利。

この瞬間、北海道日本ハムファイターズのプレーオフ進出決定。

千葉ロッテマリーンズの連覇の可能性は、完全になくなる。

31イニング連続無得点の、あまりのていたらくに、涙も出やしない。

場所は、去年、歓喜のリーグ優勝胴上げを果たした福岡ヤフードーム。

ソフトバンク、去年の悔しさを、「倍返し」というスローガンに込めて、今シーズンに臨む。

その結果、マリーンズ、ソフトバンク相手に今シーズン5勝15敗。。。

いつも、負け試合でも、ベンチで簡単なミーティングを行う、バレンタイン監督が、

今日は足早にベンチを去ったのはさみしかった。

ヤフーニュースのトピックスに、「代表疲れ?千葉ホーム5連敗」と。

マリーンズのことかと思っちまったよorz

|

« OWL その後 | トップページ | 男前豆腐店御中 »

千葉ロッテマリーンズ」カテゴリの記事

コメント

やっとと言うかとうとうと言うか、シーズンが終わってしまいましたね?
今日もマリンに行って来ましたが、あまりに選手にやる気を感じずムカついてました。

敗因ですがWBCによる調整遅れは否定しません。
でもそれだけではないと私は思います。

これを書くとハレーションが多いとは思いますが、最大の原因はボビーの危機管理能力の欠如かと、今朝のスポーツ新聞に書かれていたボビーのコメントを読んで、「これって前半戦が終わった時と同じ事を理由にしている」と思いました。
監督というのは良いことばかり考えずに最悪も考えながらゲームプランを組み勝利に導くのが仕事の筈なのに、同じミスを繰り返す。
結局のところ修正が最後まで出来なかったというコトに、相手を知る以前に見方の戦力分析すら出来てなかったから修正が出来なかったのだと私は思います。
修正が出来ていれば結果的にBクラスかもしれないけどこんな無様な負けかたなんでしなかったと思います。
可能性はほとんどゼロですが願わくば来年の開幕で背番号2の登場は遠慮してほしいです。
乱文失礼しました。

投稿: けいすけ | 2006年9月12日 (火曜日) 01時17分

けいすけさん、こんばんは。
お返事、とても遅くなってごめんなさい。

まともなお返事になってないけど、
ボビーって、去年みたいなイケイケドンドンのときには、強さを発揮するけど、
今年みたいな、なかなか波に乗り切れないときには、意外ともろいのかな。
少なくとも、一昨年みたいに、最後まで3位目指して戦うという姿勢は見せてくれるかと思っていたのですが、最後の体たらくは、とても残念です。
けいすけさんが、前に指摘してくださったように、目的が疑問の中途半端な一軍昇格。竹原、古谷にはもう少しチャンスをあげたかったです。
将来的な選手の育成という意味では、ボビーの手腕には、高い評価はできないかもしれませんね。
でも、僕は、それでも、ボビーが一年でも長く、マリーンズの監督でいてくれることを願って止みません。自ら広告塔となってくれている姿勢は、高く買いたいと思います。

投稿: さくら26号 | 2006年9月18日 (月曜日) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177119/11835572

この記事へのトラックバック一覧です: 連覇の夢、断たれる:

« OWL その後 | トップページ | 男前豆腐店御中 »