« 今日の藤川(6/2) | トップページ | マリサポ5周年 »

2006年6月 4日 (日曜日)

おこってます

みんなを置いて、ひとり尼崎に戻る。

今日はテレビで応援。きのう、その場にいた風景が、テレビの中におさまってしまい、少しうるうる。

スカパーだったが、映像は、テレビ新広島のものをそのまま使っていた。お金のかけ方が違うのだろうが、やはりJスポーツを見慣れた目には、地上波の映像はとても豪華に見える。

今日のみどころ、どちらもラブラドールレトリバーの(すみません、ミッキーはゴールデンレトリバーでした)、カープのミッキー(9歳)と我らがエルフ(もうすぐ1歳)の、ボールをお届けするベースボールドッグのコラボレーションもたっぷり見ることができた。犬好きなので、たまらない企画。ミッキーが地元、そして先輩の貫禄を見せつけたが、エルフはまだまだ若いw長く、マリーンズサポーターのアイドルになってほしい。

解説は達川。ほんとうによく勉強している。聞いていて、ためになる解説だった。

試合は、今江のホームランなどで2点を先制するも、俊介が今日もぴりっとしない。3回裏、「赤い稲妻」(と勝手に命名)松本の内野安打を足がかりに、同点に追いつかれてしまう。

その後は、立ち直った佐々岡と、粘りのピッチング俊介の息詰まる投手戦が続くが、均衡は7回裏に破れる。点が入ったのはカープ。ツーベースの末永を、石原がきっちり3塁に送り(達川は、入団以来いちばんうまいバントと絶賛)、ここで松本が前進守備の西岡の横を抜くタイムリーヒットを放つ。ここで、俊介無念の降板。

さあ、でも救援投手が課題のカープだ。佐々岡に代打が出たので、8回表は高橋健が登板するが、大塚のヒットを手始めに、代わった永川からもゲッツー崩れから、とうとう逆転!最近、ゲッツー崩れや内野ゴロでの得点が多いが、これっていいこと?

ここまでは、いい試合でした。(怒)(涙)

8回裏の投手交代のとき、場内にオフコースの「さよなら」が流れ、ビジョンに「さよなら」の文字が大きく映し出されるが、これって辛辣すぎないかい?あの状況のマリーンズファンには、厳しすぎる。オフコースにしても、合ってるのは、「さよなら」の部分だけで、他の歌詞はまったく場面にマッチしないし。あの歌は好きなだけに。甲子園の「蛍の光」や、かつて関東のタイガース応援団がやっていた「にんげんっていいな」の替え歌は許せるが、これだけは、どうしても受け入れられない。まあ、もしあの場にいたら、間違いなく一緒に「さよなら」の部分だけ大声で歌っていたには違いないが。

3点のビハインドで迎えた9回、先頭の里崎が、まったく気がない(ように見える)見逃し三振。え、あなたキャッチャーでしょ、8回のこと悔しくないのですか?

ただ、一死一二塁となって、打席に入った大塚の表情は、これまで見たことないくらい、凄まじい気合が入っていた。きのうの試合では、大量リードしている9回に、早く試合が終わってほしいという期待に応えるかのごとく、見事なあっさり空振り三振で、さすがは空気が読める男だと妙な感心をしてしまったが、この大塚の表情は、かならず何かやってくれると確信することができた。彼は高いポテンシャルを持った男、いつでもこの表情を見せてほしいもの。

達川もほめていたが、フォークボールにもピクリとバットが動かない。そして、見事なタイムリーが飛び出す。こんな試合、怒りはおさまらないけど、ぜめて勝ってほしいの願いもむなしく、続く西岡がゲッツーで、ゲームセット。

ヒーローインタビューは、逆転3ランを打った人だと思いきや、一緒に松本もお立ち台に。ナイスな人選。松本、はつらつ、きびきびしていて、足も速く、野球の魅力を具現化してくれる。梵とのコンビで、東出、尾形をおびやかす存在になってほしいもの。しかし、カープ、FAとかで選手が流出しても、次々と新しい選手が出てくるなあ。

広島にいらっしゃった皆さん、本当にお疲れ様でした。どういう言葉をおかけすればいいのかわかりません。

また、一緒に応援しましょう!

|

« 今日の藤川(6/2) | トップページ | マリサポ5周年 »

ボヤッキー」カテゴリの記事

千葉ロッテマリーンズ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、少し前からおじゃましてましたが、ようやくにして初コメントを
>しかし、カープ、FAとかで選手が流出しても、次々と新しい選手が出てくるなあ。
ココ、大いに同感です!しかも出てくる選手が、みんなカープカラー。実戦的でチームカラーにあったいい選手ばかり!
この、他に流されない確固としたチームカラーの持ち方に、80年代パリーグ球団のような土臭い魅力を感じます。

かわりに、即戦力投手は例外なく最初だけで燃え尽きてしまいますが・・・。これもチームカラーでしょうか・・・orz

投稿: ニートくん | 2006年6月 5日 (月曜日) 03時51分

こんばんは。広島遠征お疲れ様でした。
土曜はタオルダンスなどかなり大騒ぎだったので行っておけばよかったとぼやいてました(笑)。
日曜も先制→同点→逆転でもう勝ったと思ったんですがね…。あれミラーはん!え、あんた空気読んでますか?栗原が打った瞬間、完全にア然としてました。
ミラーが元近鉄カラスコ、元Gミ○○を見てる気がしてなりませんでした(泣)。

けど本心として試験がなければ広島行きたかった…(涙)。7月の大阪また頑張りましょう。シート貼りはお任せください。

投稿: かずひろ | 2006年6月 5日 (月曜日) 21時52分

こんばんは。
昨日の試合は何と言ったらいいのか・・・「さよなら」の文字は私もTVで見ましたが、ファイターズの「ByeBye」と手を振られる画の何十倍も強烈でした(笑)。
ミラーよ、「♪もう 終わりーだねー」

投稿: maparty | 2006年6月 5日 (月曜日) 23時01分

>ニートくん
おお、お待ちしておりました!うれしいです^^
「他に流されない確固たるチームカラー」ホント、そうですよね。この3連戦、カープは純国産打線(しかも、前田、緒方、尾形抜き)でしたが、みんな見事なまでのカープカラーです。栗原とか、末永とか、ひたむきさが、スタンドにいても伝わってきました。松本はおススメ(何の?)ですよ。
そして、今は、かつてのカープ戦士山崎が二軍監督。新たな新星にも期待しましょう。パリーグオールスターのような某全国区球団には、できない芸当でしょうね。
80年代パリーグ球団…阪急だったら、弓岡、福原、福良とか…土臭い魅力、なるほどです。
カープの即戦力投手…うーん、確かに。名前を挙げるのは控えますね。

投稿: さくら26号 | 2006年6月 6日 (火曜日) 02時31分

>かずひろさん
広島は来られなくて残念でしたね。ナゴヤより広島のほうが楽しかったですよ。来年はぜひご一緒したいです。
ほんと、あのシーンほど、薮田様の大切さが身にしみた時はなかったです。
カラスコ、全く同じことを考えていました。まあ、カラスコほど使うことは避けていただきたいですがw
大阪ドームで、一緒にタオル回しましょうね!

>mapartyさん
たしかに、ファイターズのバイバイなんて、かわいいもんですwオフコースだと、○○電車ではよ帰れ!のような洒落も感じられません。
まあ、あの場面で、あの投手(自分では名前すら書きたくありません)に「さよなら」を歌いたいのは、我々のほうだったりして。
mapartyさんのいうとおり、もう忘れましょう。火曜からは、まずは日曜の負けを引きづらないことを期待します。

投稿: さくら26号 | 2006年6月 6日 (火曜日) 02時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177119/10393043

この記事へのトラックバック一覧です: おこってます:

« 今日の藤川(6/2) | トップページ | マリサポ5周年 »