« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月26日 (月曜日)

谷山浩子

とてもきれいな声のシンガーソングライターです。

続きを読む "谷山浩子"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

カラオケ

'06.6.24(土)

この日は、ひさしぶりにカラオケに行ってきた。

続きを読む "カラオケ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日曜日)

退官記念パーティー

'06.6.17(土)

この日は、学生時代にお世話になった恩師の、定年退官記念パーティーであった。

続きを読む "退官記念パーティー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もすかう

私は、眞鍋かをりのブログのファンである。オーストラリア戦の敗戦から更新がなく、心待ちにしている。彼女の面白いブログに、一歩でも近づけるように努めている。

で、彼女のブログで紹介されていた('05/9/25の記事)おもしろFlash、その名も

「もすかう」

である。

ジンギスカンの「めざせモスクワ」(たしかドイツ語)を、こんなふうに聞こえるよ、という空耳Flashであるが、まあ、とにかくその面白いこと!もうダメ。何回でも見てしまう。「おっさんですか、シャアですか」の部分など、もうそうとしか聞こえないw

川嶋あいで泣いて、「もすかう」で大笑いする日々である。

まあ、一度ご覧ください。原曲を知っている人なら楽しさ倍増!

以下のリンク「笑いシーク!」の爆笑フラッシュ集から探してください。

笑いシーク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギャンブル

ギャンブルに負けると、空しくなるのはなぜだろう。

続きを読む "ギャンブル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金曜日)

ドルトムント

前半終わって、1-1。もう少しで、1-0って書けるとこだったのに。

ニッポンのゴールを、リアルタイムで見られたのは、幸せ。ゴールしたことと、起きてるよと、その時刻のタイムスタンプをつけてメールしようかと思ったが、やめといた。

ドルトムントといえば、たしかそこの電車が今広島で走っていたかな。ドイツの街の名前はそんなに知らないのだが、ニュルンベルクとドルトムントと二つ知っている名前でうれしくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木曜日)

525ページ

またも川嶋あいである。

続きを読む "525ページ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月曜日)

川嶋あい

今日は大阪ドームに行ってきた。

最後、オリ近の抑えの大久保が登板するときに、テーマ曲が流れる。あれ、川嶋あい ちゃうん。前は意識していなかった。

続きを読む "川嶋あい"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日曜日)

ニュルンベルク

ワールドカップ日本戦は前半終わって0-0。

試合が行われているニュルンベルクはおもちゃの街として有名。おもちゃの見本市は、すごい規模だそうな。お世話になった先生が、ニュルンベルクについて熱く語ってくれたことがあり、一度行ってみたいと思っている街である。

ワールドカップの会場は、センターラインのところの看板でしか、どこでやっているかがわからない。少しでいいから、マラソンみたいに、その試合会場がある街の紹介を中継でやってもらえないだろうか。もう、オーストラリア戦の試合会場の街の名前、忘れてるし。

まあ、前のワールドカップの日本戦の会場、決勝トーナメントの仙台以外は忘れているのであるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水曜日)

ファミレス

(13日火曜に投稿するつもりだった話です)

今日は、先週の疲れがどっと出てしまったので、早々に会社をあとにする。
所用があり、阪神尼崎へ向かう。
そこから、てくてく部屋へ向かう。とても久しぶりに、なか卯で親子丼を食す。ここの親子丼は、卵がふんわりしていて、なかなかの美味です。
また、歩き始めるも、あまりの湿度の高さに、途中のファミレスがオアシスに見え、沈没。
ファミレスにひとりで入るのも、なかなか久しぶりだったりする。
学生のころは、よく友達と入り浸ったものである。槇原の歌じゃないけど、土曜の夜から日曜の朝までずっとしゃべっていたなんてこともあったなあ。
禁煙席はありがたい。お酒飲める店にも、禁煙席作ってほしいくらい。
オーダーは、ケーキともちろんドリンクバー。そんなに粘るつもりもないんだけど、つい頼んでしまう。
ファミレスでは、落ち着かないこともあるんだけど、今日は、店内の明るさに、疲れが癒される。ゆったりとした時間を過ごすことができた。
ファミレスから部屋に戻る途中、部屋の近くでいつの間にかできたスーパー銭湯を見つけて腰を抜かす。
実家を出てから、今の部屋に引っ越すまで、14年間大浴場生活だったので、今でもたまに大きな風呂に入りたくなってしまう。
全然知らなかった。新聞は、チラシの入らない日経だし。いつもの通勤ルートの真反対なので、気がつかなかった。
たまには、部屋の周囲も歩いてみないと、と思った次第である。
今日は、たいへんな一日であったが、いろんな方の優しさにふれることができた一日でもあった。感謝、感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火曜日)

また巨人を3タテ!!

巨人に交流戦全勝!

日曜は、かなりラッキーなこともあったが、勝ちは勝ち。

パウエル、工藤、上原に勝ったのだから、すごいの一言。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の藤川(6/8&6/11)

藤川、3連投のあとは、しばらく間隔があく。

8日、北の大地、札幌ドームで8回から登板。結果はいかに。

続きを読む "今日の藤川(6/8&6/11)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月曜日)

いいわけ

ワールドカップ日本代表は、前半終わって1-0でリードしています。

さて、思いっきり一週間空いてしまった。プロ野球風に言えば中6日、マリーンズのローテーションである。

第2週は、忙しいので、こんなものかもしれない。平日はほとんど午前様に近く、土日はその反動で爆睡していた。

「ブログは一ヶ月で止める人が多い」という話も聞いたことがあり、それにはまった気もしないでもないが、まあ今のところ止めるつもりはない。

書きたいことは、野球ネタばかり。谷夜で見た「わかめ焼酎」に食指をそそられるが、取材不足。

さて、そろそろ後半も始まりそうだし、テレビの前に戻ることにしよう。お供はカップ焼酎。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月曜日)

マリサポ5周年

今日で、マリサポ(マリーンズサポーター)になって5年経ちました。

いつにもまして、個人的な話になりますが、マリサポになったきっかけについて、話をさせてください。

続きを読む "マリサポ5周年"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日曜日)

おこってます

みんなを置いて、ひとり尼崎に戻る。

今日はテレビで応援。きのう、その場にいた風景が、テレビの中におさまってしまい、少しうるうる。

スカパーだったが、映像は、テレビ新広島のものをそのまま使っていた。お金のかけ方が違うのだろうが、やはりJスポーツを見慣れた目には、地上波の映像はとても豪華に見える。

今日のみどころ、どちらもラブラドールレトリバーの(すみません、ミッキーはゴールデンレトリバーでした)、カープのミッキー(9歳)と我らがエルフ(もうすぐ1歳)の、ボールをお届けするベースボールドッグのコラボレーションもたっぷり見ることができた。犬好きなので、たまらない企画。ミッキーが地元、そして先輩の貫禄を見せつけたが、エルフはまだまだ若いw長く、マリーンズサポーターのアイドルになってほしい。

解説は達川。ほんとうによく勉強している。聞いていて、ためになる解説だった。

試合は、今江のホームランなどで2点を先制するも、俊介が今日もぴりっとしない。3回裏、「赤い稲妻」(と勝手に命名)松本の内野安打を足がかりに、同点に追いつかれてしまう。

その後は、立ち直った佐々岡と、粘りのピッチング俊介の息詰まる投手戦が続くが、均衡は7回裏に破れる。点が入ったのはカープ。ツーベースの末永を、石原がきっちり3塁に送り(達川は、入団以来いちばんうまいバントと絶賛)、ここで松本が前進守備の西岡の横を抜くタイムリーヒットを放つ。ここで、俊介無念の降板。

さあ、でも救援投手が課題のカープだ。佐々岡に代打が出たので、8回表は高橋健が登板するが、大塚のヒットを手始めに、代わった永川からもゲッツー崩れから、とうとう逆転!最近、ゲッツー崩れや内野ゴロでの得点が多いが、これっていいこと?

ここまでは、いい試合でした。(怒)(涙)

8回裏の投手交代のとき、場内にオフコースの「さよなら」が流れ、ビジョンに「さよなら」の文字が大きく映し出されるが、これって辛辣すぎないかい?あの状況のマリーンズファンには、厳しすぎる。オフコースにしても、合ってるのは、「さよなら」の部分だけで、他の歌詞はまったく場面にマッチしないし。あの歌は好きなだけに。甲子園の「蛍の光」や、かつて関東のタイガース応援団がやっていた「にんげんっていいな」の替え歌は許せるが、これだけは、どうしても受け入れられない。まあ、もしあの場にいたら、間違いなく一緒に「さよなら」の部分だけ大声で歌っていたには違いないが。

3点のビハインドで迎えた9回、先頭の里崎が、まったく気がない(ように見える)見逃し三振。え、あなたキャッチャーでしょ、8回のこと悔しくないのですか?

ただ、一死一二塁となって、打席に入った大塚の表情は、これまで見たことないくらい、凄まじい気合が入っていた。きのうの試合では、大量リードしている9回に、早く試合が終わってほしいという期待に応えるかのごとく、見事なあっさり空振り三振で、さすがは空気が読める男だと妙な感心をしてしまったが、この大塚の表情は、かならず何かやってくれると確信することができた。彼は高いポテンシャルを持った男、いつでもこの表情を見せてほしいもの。

達川もほめていたが、フォークボールにもピクリとバットが動かない。そして、見事なタイムリーが飛び出す。こんな試合、怒りはおさまらないけど、ぜめて勝ってほしいの願いもむなしく、続く西岡がゲッツーで、ゲームセット。

ヒーローインタビューは、逆転3ランを打った人だと思いきや、一緒に松本もお立ち台に。ナイスな人選。松本、はつらつ、きびきびしていて、足も速く、野球の魅力を具現化してくれる。梵とのコンビで、東出、尾形をおびやかす存在になってほしいもの。しかし、カープ、FAとかで選手が流出しても、次々と新しい選手が出てくるなあ。

広島にいらっしゃった皆さん、本当にお疲れ様でした。どういう言葉をおかけすればいいのかわかりません。

また、一緒に応援しましょう!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今日の藤川(6/2)

2日遅れちゃいました。また、ネットからの情報に基づいています。

この日は、7回を0点に抑えた下柳のあとをうけ、8回から登板。なんと3日続けての登板。

相手は、ホークス強力打線。しかも、打順は1番から。結果はいかに。

先頭大村をセカンドゴロ、つづくムネリンをサードゴロに打ち取ると、最後に柴原を見逃し三振で仕留める。

9回は、これも3連投久保田が3連続三振を奪い、見事な完封リレー達成。

この日は、チームが50試合目で、藤川の登板は27試合目。35 2/3回で54奪三振。防御率は0.25に。

防御率が0.1台になるためには、自責点0をあと7 2/3回続ける必要がある。今の藤川の調子だと、決して難しくないと思うし、なんとかこの数字を見せてほしい。ちなみに、防御率とは、その投手が仮に1試合投げたとすると、何点とられるかという目安の数字。なかなか、防御率0.25なんて、見られるものじゃない。

去年は、80試合登板の日本記録を樹立し、また、去年までの二段モーションの禁止、WBCの疲れなど、いろいろ心配はあったが、よくここまで好調を保っていると、感服の至りである。

ここまで、「今日の藤川」を続けてきましたが、自分で映像を見たわけでもないのにこんなことを書いていることに疑問が出てきましたので、方針を変えます。

自分で映像を見られないときは、数日間の記録をまとめて書きます。ただ、もし藤川が失点することがあったら、そのときは書かせてください。その分、自分で映像を見られたとき、そして、チケット入手困難の甲子園では少し難しいですが、現場でLINDBERGを聴き、彼の姿を見ることができたときには、熱く熱く書きたいと思っています。

甲子園で、マリーンズ以外の相手で、こころおきなく彼のストレートに酔いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土曜日)

広島戦 at 広島

今日は、広島市民球場へ、マリーンズの応援。

かなり遅く着いて、スタンドの光景に、しばし気を失う。

続きを読む "広島戦 at 広島"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾道

さあ、尾道である。ここも8年ぶり。空も晴れて、絶好の散策日和。
きのうは、駅の東側が変わったと思っていたが、変わったのは西側で、東側は昔のまま。ほっとして散策開始。
_046_047_1 まずは、林芙美子像。芙美子が詠んだのは、石碑のとおり。機会があれば、在来線で尾道に入り、この一節のイメージを体験していただけるとうれしい。
そこからは、商店街。昔ながらの商店街。そんなに閉鎖している店はなく、活気がある。
かわいい踏切を渡り、古寺めぐり開始。京都出身のくせに、古寺が好きである。勝手に、東の鎌倉、西の尾道と思っている。
ひたすら階段を登り、目指すは千光寺公園。きのうもだいぶ歩いたので、もうバテバテ。息を切らしながら、ひたすら登る。
_052振り返ると、眼下に尾道水道が広がる。好きな風景。大林宣彦監督が、たしか、尾道には、小さくぎゅっと山と海があり、多くの人がここにくると懐かしい気持ちになる、みたいなことを言っていた。
途中の観音様にねがいごと。お守りを買ったら、そこのおばさんにとても優しい言葉をかけていただき、思わず笑顔^^買ったのは、さくら26号だけに「開運さくらまもり」。早速ケータイに取り付ける。
やっとの思いで、千光寺公園。ここは、桜がとてもきれいらしい。一度、桜の季節に訪れたい。さくらソフトクリームなるものを売っていて、買うしかあるまいw
帰り、休止中と思われる、「千光寺グリーンランド」なる遊園地を通る。乗り物は動いていないのだが、なかなかのパラダイスぶり。廃線跡めぐりの気分にもなる。
そこから、超方向音痴ぶりを発揮。見事に道に迷う。なんとか駅まで戻るつもりだったが、バスがオアシスに見えて、飛び乗ってしまう。
_062_063 つぎは、尾道ラーメン。予習をしてこなかったので、ぶっつけでいろいろ探すが、たまたま見つけた「喰海」(くうかい)がなかなかよかった。
豚角煮ラーメンを食す。840円なり。尾道ラーメンは、しょうゆ味らしいが、このスープは少し濃厚さを残しつつあっさりしており、おいしかった。店もこぎれいで、スタッフの対応もよかった。ただ、店内のテレビがたまたまよしもと新喜劇だったのは、旅情を損なったがww
尾道にお越しの際は、一度どうぞ。尾道駅の東側を海沿いに少し歩いたところにあります。
久しぶりの尾道は、ほんとうに楽しかった。デジカメを持ってこなかったことを、はげしく後悔。(写真はケータイで撮ったものです)次は、ぜひデジカメを持って、今回行けなかった所も含め、ゆっくり散策しよう。
今は、今日の戦場、広島市民球場に在来線で向かっています。がんばります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

福山

きのうは、姫路まで新快速で、そこから新幹線に乗り継いだ。
新幹線は、懐かしい0系。思わぬ出会いに嬉しくなる。
目的地は、福山。かつてここで勤務していたことがあり、8年ぶりの訪問となる。
福山駅に降り立つ。苦い思い出しかない土地だが、さすがにだいぶ忘れてる。駅周辺をうろつくが、断片的にしか思い出せない。
_072 駅近くの福山城へ。ここは、いい公園になっている。街を歩くごとに、旅特有のゆったりとした気持ちになってくる。福山をこんな気持ちで歩く日がくるなんて、思ってもなかった。
ゆったりとした気持ちになると、ゆったりとした表情になるのか、おばあさんに道を聞かれる。実は、調子のいいときは、道は聞かれるわ、観光地でシャッター押してくれと頼まれるわ、家電量販店で店員に間違われるわ、と若い女性以外(苦笑)にはモテモテである。しかし、どうして旅先で道を聞かれることが多いのだろう。なじんでいるのか?おばあさんの質問は実は答えられるので、自信満々に答えるも、余計な情報が間違っていることに気づき、あわててフォローしに走る。
尾道に向かう。尾道に行くには、断然在来線。尾道が近づくにつれ、海がだんだん見えてくる。林芙美子もこのシーンを謳っている。
尾道では、駅前の変貌ぶりに、卒倒する。ホリエモンの選挙の報道でちらっと見たのだが、ここまで変わっているとは。福山でだいぶ時間を使ったので、そそくさと、しまなみ球場に向かう。
しまなみ球場は、その名に反し、山の中にある。びんご運動公園のなかにあり、環境は抜群。
_088 帰りは、尾道駅前のホテルまで歩く。碓氷峠もびっくり8%の下り勾配を転がっていけばいいのだから、楽なものwSEIBUドームから新所沢まで歩いたときよりも楽だった。途中新尾道駅から182号線を下ったところに、よさげな尾道ラーメン屋があったが、迷った末、この日はパスする。


さあ、今からは、尾道を散策して、広島に向かおう。久しぶりの尾道散策、楽しみ!
今日は誕生日。不惑の一歩手前になってしまったが、これからの1年もいい年にして、笑って不惑を迎えよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金曜日)

広島戦 at 尾道

いざ、しまなみ球場へ。
富山アルペンスタジアムに似ている。外野は後ろに指定席があり、はっきりロッテ側と言わなかったので、席はカープファンの真っ只中。攻撃のときだけ、マリーンズサイドに移動する、ひとりSEIBUドーム状態w内野はすいていたが、外野はかなりの混雑だった。
食べ物は、岩子島トマトがおいしかった。ラーメンは食べていないが、○星ラーメンよりおいしかったらしい。
ここの外野席は芝生と聞いていたので、あることを期待していたが、その期待は的中する。
期待、それは、「カープファン芝生席でもスクワット!」
スクワットとは、応援歌に合わせて立ったり座ったりする、広島の応援スタイルのこと。
通常の、椅子からスクワットでもしんどいのに、芝生に座った状態からスクワットとは!ほんと、おつかれさんです。
今日は、新外国人ワトソンの初お目見え。打球はかなり鋭く、今日見た限りでは期待できそう。全打点を叩き出す活躍。
ただ、今日は、小林宏之が、一発攻勢に泣く。4回に新井にライナーでスタンドに運ばれ同点にされ、5回リードを奪った直後、嶋の滞空時間の長いきれいなホームランを浴びる。いやな流れになり、6回、ピンチを迎えて、石原に痛い犠牲フライを打たれる。
今日も、ワトソン以外、打線が湿る。3番福浦、4番里崎が無安打では。。。結局フラフラしていたダグラスを立ち直らせてしまう。特に最後のほうが、なんか淡泊。ちょっと、逆転できそうな気がしなかった。
最後、2点差で平下。ネクストサークルにはベニー。なんとか塁に出てくれたらと、すばらしい平下を歌うも、最後は落ちる球をあっさり振って、ゲームセット。
いろいろここで、負けた試合でもいい試合と書いたことがあるが、現場に来ると、やっぱり負けるととてもくやしい。
今日はなかったが、尾道では、試合終了後のグラウンド乱入がデフォルトのようである。今日は、ごみ袋持ってグラウンドに乱入し、ラッキー7から片付かないままの、カープファンが上げる風船を片づけたいくらいの気持ちだった。
今年、いまだマリーンズを現場で応援して、勝ち無し。チームは貯金10なのに、私は4連敗。。。
明日こそ、広島でマリーンズの勝ちをこの目で見たいと思う。
帰り道、人だかりがするので、何かと思ってみると、選手を乗せたバスが渋滞にはまっていたw熱愛発覚西岡を初めて間近で見た。ムネリンには負けてへん思うんやけどなぁ。

_082

| | コメント (3) | トラックバック (0)

いざ尾道

前振りもなにもなかったが、今日は尾道に行く。

もちろん、マリーンズの応援。相手はカープ。

ちなみに、マリーンズの公式ホームページのトップによると、今日は広島で試合があることになっており、一抹の不安を感じるがw、尾道に向かいます。在来線でのんびり向かうつもり。飽きたら新幹線に乗ろう。福山あたりで1泊して、土曜の広島の試合を見て、帰阪(っても、尼ですが)する予定。

ここの投稿も、次からはケータイからの投稿になります。ぶっつけ本番。もし更新できなければ、ご愛嬌。

では、いってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木曜日)

今日の藤川(6/1)

この日は、8回に登板。三振はひとつ。26試合目の登板で、34 2/3回で53奪三振。防御率は0.26。

どうしても、甲子園で、タイガースのブルーのユニは違和感を感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の藤川(5/31)

10日ぶりに甲子園にLINDBERGが流れます。

この日は、8回に登板。三振はとれず。25試合目の登板で、33 2/3回で52奪三振。防御率は0.27。

1点差を保って、久保田にバトンを渡すが・・・まず藤川はチームの負けに悔しがっているはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »