« 尾道 | トップページ | 今日の藤川(6/2) »

2006年6月 3日 (土曜日)

広島戦 at 広島

今日は、広島市民球場へ、マリーンズの応援。

かなり遅く着いて、スタンドの光景に、しばし気を失う。

え?広島にマリーンズサポーター、こんなにいるの?レフトスタンドの上半分は、真っ黒け。

びっくり。普段試合がない広島なのに。遠征組がかなりいたらしい。尾道につづき、この日も応援のリードをとるのは、千葉から来ている、早坂ユニのお兄さん。

この日は、仲間がたくさんいて、心強い。けいすけさんと、T.MAYさんファミリー。初対面の方もいたが、同じ黒ユニを着ていると、初対面の気がしないw

試合開始。フランコ、今江、福浦のホームラン攻勢でリードするも、4回裏、西岡の悪送球をきっかけに、あっという間に追いつかれる。直行、いつから、ネイトのような、集中打を打たれるタイプになってしまったんだろう。

うわ、やな展開。そんな心配をふっとばしてくれたのは、ベニーの一発!再びリードを奪う。

そして、6回表。この回、カープは投手4人を繰り出す、必死の継投。ブラウン監督も、迷いながらの投手交代のようだった。一死満塁になり、また甲子園で見せ付けられた「満塁で点が入らない病」の再発かと危惧したが、フランコのタイムリーで1点追加すると、ゲッツー崩れもあったが、珍しくタイムリーが続き、なんと4点を奪う。

そして、7回、うれしい時が訪れる。ラッキー7の We Love Marines は流れなかったが。この回から登板の小山田に、ベニーがこの日2本目のスリーランを浴びせ、13-4!勝負あった!

応援団のトランペットが「純情」を奏で、マリサポが一斉に右手にタオルを掲げ、回し始める。マリーンズが大量リードを奪って、もう負けないぜ!というときの応援「タオル回し」である。どこかの全国区球団と違い、関西に住んでいると現場では年に1,2回しかできない(去年の日本シリーズでは3回回したが)応援スタイル。誕生日にタオルを回せて、もう感激の一言に尽きる(涙)

9回表、ツーアウトになって、今日で広島を去るので、これで広島でのマリーンズ戦もしばらくお別れか、と感慨にふけっていたら、フランコにもこの日2本目の、個人的感想で申し訳ないが、さよなら広島弾が飛び出す。

9回裏は、コミさんが締め、快勝!何回、得点が入ったときの、ハイタッチをしたことだろう。

ただ、大差がついたが、打線が好調というより、カープ投手陣の不調につけこんだという感がある。ホームラン6発というのは、うちのスタイルとは違うし。

球場の構造が、選手がレフトスタンドに向かって退出するようになっており、レフトスタンドのマリサポに向かって、マリーンズの選手が続々歩いてくる。いろんな選手にエールを送る。それに応えてくれる、マリーンズの選手。なぜか、カープのマスコット、スライリーもこちらに向かって来てくれて、お互いに手を振り合う。

感心したのは、カープファンのマナーの良さ。これだけ、大量リードされると、応援のテンションも下がるし、途中で帰る人もかなりいるのが通例だが、カープファンは、9点リードされていても、実に熱心に応援していたし、途中で帰る人もあまりいなかった。もちろん、物をグラウンドに投げ込む馬鹿も、一人もいなかった。カープファンが好きになった。

今日泊まるみんなと一緒に、一杯だけでも飲みたかったのだが、試合が長くなったのと、新幹線の都合もあり、先に帰る。残念。

_044 帰り、思わぬ電車に出会う。広島を走っている元京都市電。京都市電が廃止になって、もう25年以上経つが、こうして元気に走っている姿に出会えると、とてもうれしくなる。もう、車齢もかなりのものであるが、まだまだ元気でがんばってほしい。

この日、広島は祭りだったようで、かなりのにぎわいだった。街や路面電車、そして広島市民球場にも、浴衣姿の女性が多数。高校生くらいの子の浴衣もかわいいけど、レフトスタンドで近くにいた、妙齢の方の浴衣姿には、少しときめいてしまった…(殴

レフトスタンドで、マリサポで最後に残って練習した、竹原の新しい応援歌(カッコよかった)が、頭の中でリフレインしている。

|

« 尾道 | トップページ | 今日の藤川(6/2) »

千葉ロッテマリーンズ」カテゴリの記事

観戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177119/10386009

この記事へのトラックバック一覧です: 広島戦 at 広島:

« 尾道 | トップページ | 今日の藤川(6/2) »