« 私が応援すると・・・ | トップページ | いろんな本 »

2006年5月21日 (日曜日)

戦と誠について

いつもリアルでコメントをくれる方から、(ありがとう!)記事がわかりにくい、というリクエストを受けました。

千葉ロッテマリーンズのことをあまりご存知でない方にも、ここで書いたことを少しでもわかっていただくべく、チャレンジします。

まずは、5/15の「戦と誠」について。

  プロ野球では、本拠地制を引いていて、例えば、「千葉ロッテマリーンズ」対「福岡ソフトバンクホークス」の組み合わせがあった場合、その試合の半分は、千葉ロッテマリーンズの本拠地、千葉マリンスタジアム(幕張メッセの近くです)で開催され、あとの半分は、福岡ソフトバンクの本拠地、福岡ヤフードームで開催されます。地方開催のことは、ここでは省略します。千葉ロッテマリーンズから見て、千葉マリンスタジアムで開催される試合を「ホームゲーム」と呼び、福岡ヤフードームで開催される試合を「ビジターゲーム」と呼びます。

多くのチームでは、ホームゲームでは白を基調としたユニフォームを着用し、ビジターゲームでは、それ以外の色(黒やグレーや青など)を使ったユニフォームを着用します。

千葉ロッテマリーンズでは、このホームゲームで使用するユニフォームが2種類あります。その一つを「戦(いくさ)ユニフォーム」と呼び、もう一つを「誠ユニフォーム」と呼びます。それぞれ略して、「戦ユニ」「誠ユニ」あるいは、単に「戦」「誠」と呼ぶこともあります。

戦ユニは、これです。

Ikusa

’95年、第一次バレンタイン監督時代からのユニフォームです。

 

 

 

 

誠ユニは、これです。

Makoto_1

新撰組をイメージして、バレンタイン監督がデザインしました。

だから、「誠」です。

 

 

 

この2種類のユニフォームを、原則として、次のルールで着用しています。

1.前の試合に勝った場合は、前の試合と同じユニを着用。

2.前の試合に負けた場合は、前の試合と違うユニを着用。

で、5/15の記事では、この2種類のユニフォームを着たときの勝率の違いを調べてみました。

ちなみに、ビジターゲームでのユニフォームは、これです。名前はないです。(一説によると、侍というらしい)

Samurai

|

« 私が応援すると・・・ | トップページ | いろんな本 »

千葉ロッテマリーンズ」カテゴリの記事

解説」カテゴリの記事

コメント

更にこちらにもコメントを。
プログというのは様々な人が見に来るわけで、その中には「マリーンズに興味はあっても、あまり詳しくない」人も大勢いらっしゃるんですよね。長くマリーンズファンをやっている人間には当たり前のことを、こうやって懇切丁寧に書かれているのを拝見して勉強になりました。

投稿: maparty | 2006年5月23日 (火曜日) 01時20分

mapartyさん、コメントありがとうございます。
きのう、まったく予想もしなかったブログからのTBをいただきました。ココログの、千葉ロッテマリーンズというカテゴリ集にも、ここは載っていますし、このブログをどんな人に見ていただけるかは、わかりません。
これからも、本記事では、はしょり気味になると思いますが、たまには、こんな記事も書いてみたいと思っています。第2弾は、「すばらしい平下」について書きたいですが、顔写真載せたいけど、無断転載になっちゃうし、う、あの応援歌の歌詞はいいのかな。
ちなみに、この記事を作るきっかけをくれた方に、こんなこと書いたよといったら、「そんなこと言ったっけ?」と言われました。(爆)

投稿: さくら26号 | 2006年5月23日 (火曜日) 06時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177119/10179338

この記事へのトラックバック一覧です: 戦と誠について:

« 私が応援すると・・・ | トップページ | いろんな本 »